レーシックではなく近視を改善する視力回復法 

全国に広まり始めているといわれる新しい視力回復法通電治療についてスポットをあてて近視改善のレポートをまとめてみました。

サイトマップ

メガネも気軽な道具として活用してほしい

子供や親御さんの中には眼鏡はどうしても嫌だと思っている人もいます。



裸眼視力を眼鏡なしで良くしたいという希望は誰でももちろん強いものでしょう。

ただ、裸眼視力が通電治療のみでは完全に回復しない人もいるのです。

そういうときに考えてほしいのが、眼鏡をうまく活用することができないかということです。

そもそも、眼鏡というものに対してなぜか多くの人が偏見をもっているようです。

テレビ画面を子供が近くで見てたりすると「眼鏡をかけることになるよ」とお母さんが思わず怒ってしまう。

そういう「眼鏡は悪」というような呪縛からそろそろ解き放たれたいですね。

眼鏡をかけたヒーローが現れはじめ、Drスランプアラレちゃん、ハリーポッター、ヨン様などに喝采してしまいます。

べつに顔に眼鏡を縫い付けるわけではないのです。

必要なときだけ眼鏡をかければいいし、最近では生活シーンに応じて楽しめる「アイウェア」というものがでてきてお洒落だってできます。

こんなに気楽に使える道具は他にはありません。

眼鏡もそういう感覚で活用できればいいと思います。

それに、昔の眼鏡はガラス製で危険なこともありましたが、今はプラスチックなので眼の中を守ってくれるようになり、何かがぶつかってきたときはバリアの役割もしてくれます。

考えてみると、眼というとても華奢な臓器を私たちはむき出しにしてしまっているわけです。

だから、眼鏡でいつも危険にさらされてしまっている眼を守ってもらうのです。

眼鏡の利用をそのように考えてはいかがでしようか。

眼鏡の大きな利点として紫外線をカットしてくれるというものがあります。

老化の原因でもある活性酸素紫外線を浴びることにより発生し、水晶体の中のタンパク質を酸化させることにより白く濁らせ白内障になるのです。

また、高齢者の失明の原因の加齢黄斑変性症という重要な病気があります。

原因のひとつとして眼の老化が考えられているのですが、光刺激が原因で眼の老化を促進しているのです。

これを予防するためにも眼鏡は有効手段です。

コンタクトレンズに比べ眼鏡にはリスクはありません。

眼鏡のよさを見直して上手に利用するといいでしょう。

視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法
通電治療
眼のAF機能の狂いで近視になる
子供の視力は何歳頃出来上がるのか
近視は遺伝?
仮性近視とは
仮性近視でメガネを使うと近視になる?
メガネのつくり方で近視は進む
視力検査B判定でも要注意
遠視も眼の調整力の異常をきたす
老眼?一時的視力低下かも
単なる疲れ目と眼精疲労
なぜ眼科医は近視を治そうとしないのか
硬くなった毛様体筋をリセットする通電療法
検査と診察で通電療法の適応を判断
弱い電気を眼の周囲の皮膚から5分間流すだけ
週1〜2回の治療を継続すれば視力が上がる
20年以上前から視力改善のための通電治療を行っていた
20年間で副作用の報告は殆どない
初期の近視では大幅に視力が回復
中高年の近視や眼精疲労にもう効果
視力検査の表現方法
子供の視力をマイナス3Dくらいまでに抑えたい
軽い近視と強い近視の回復度の違い
データが示す通電治療の調節力回復効果
反応の悪い例ではメガネ効果を狙う
メガネも気軽な道具として活用してほしい
レーシック手術後の視力低下にも通電が有効
通電治療意外の視力回復法
個々の価値観や職業に合わせた通電治療
視力が上がった悦びの声
生活習慣を改めて近視の進行を防ぐ
自分に合った遠くの距離を見る習慣を
近くを見るときはメガネをはずす
視界を妨げない間取りや家具の配置を工夫
机の置き方は社長室の雰囲気に
机で勉強や作業をするときの姿勢
眼に良い姿勢を身につける小道具
必ず手元にも卓上スタンドなどの照明を
眼に優しい読書のコツ
子供が納得できるような指導をする
本を読むときは書見台がオススメ
小さな携帯型ゲーム機は近視製造機
携帯型ゲーム機が眼を悪くしている現実を直視する
通電治療中のテレビは1日30分に
パソコンの画面はなるべく大きいものに
眼を良くするオススメの遊び
視力回復を謳った本やゲームの盲点
なるべく遠くを見渡せる席に座る
眼が疲れたら目薬や蒸しタオル
眼に効果があるといわれるサプリメント
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
定期 金利 比較



レーシックではなく近視を改善する視力回復法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。