レーシックではなく近視を改善する視力回復法 

全国に広まり始めているといわれる新しい視力回復法通電治療についてスポットをあてて近視改善のレポートをまとめてみました。

サイトマップ

携帯型ゲーム機が眼を悪くしている現実を直視する

日本PTA全国協議会が2009年5月に全国の小学5年生と中学2年生を対象に行ったアンケート調査の結果が発表されました。



それによると、小学5年生の92%の子が携帯型ゲーム機か据え置き型ゲーム機のいずれかを所持していました。

小学5年生の方が中学2年生よりも携帯型ゲーム機を持っている子供が多かったそうです。

問題も起こっていて、携帯型ゲーム機を持っていないと仲間外れにされるというのです。

そのために、親御さんの中には良くないと知りつつも子供に買い与えてしまうかたもいるようです。

しかし、子供の健康が大人の商売のために作ったもので損なわれているのです。

社会の問題としてこうした現実を訴えていく必要があるのではないでしょうか。

まだお子さんに携帯型ゲーム機を買い与えていない方は、ぜひその方針を貫いていただき「みんな持っているのに」というお子さんの要求に負けないでください。

現実的に時間制限を設けても守れません。

文字通り携帯できるため、親には見つからないように遊んでいることもあります。

また、他にも注意が必要なことがあり、家にはゲーム機がなくても、友達の家でゲーム三昧という事もあるようです。

ゲーム機に対して、友人、学級さらには全国的に制限する事を考え、目が余り悪くならない機種を企業でも開発し作ってもらえたら良いですね。

前述したように2009年に38名の子供に対して行った、携帯型ゲーム機についての治療法の比較実験があります。

このとき、ゲームを30分間続けてもらって、視力や眼の調節力をその前後で測定したのです。

視力も調節力もわずか30分でもかなり落ちました。

個人差はあるものの、中には0.5くらい落ちる子もいたのです。

眼に対して悪いと言うことをそういう数字を示しながらきちんと説明すると、100人中99人の子供たちが携帯型ゲーム機をやめます。

通電治療にきて「今日は随分悪いけどどうしたの?」と視力が前回よりかなり落ちている子に聞くと、「実は友達の家でゲームを・・・」と白状します。

視力が落ちた原因を本人には思い当たることがあるのです。

一般的に反省の気持ちがありゲームのやり過ぎで眼が悪くなったなど自覚がある子は、その後の生活を改善して、視力が回復する可能性が結果的には高いようです。

視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法
通電治療
眼のAF機能の狂いで近視になる
子供の視力は何歳頃出来上がるのか
近視は遺伝?
仮性近視とは
仮性近視でメガネを使うと近視になる?
メガネのつくり方で近視は進む
視力検査B判定でも要注意
遠視も眼の調整力の異常をきたす
老眼?一時的視力低下かも
単なる疲れ目と眼精疲労
なぜ眼科医は近視を治そうとしないのか
硬くなった毛様体筋をリセットする通電療法
検査と診察で通電療法の適応を判断
弱い電気を眼の周囲の皮膚から5分間流すだけ
週1〜2回の治療を継続すれば視力が上がる
20年以上前から視力改善のための通電治療を行っていた
20年間で副作用の報告は殆どない
初期の近視では大幅に視力が回復
中高年の近視や眼精疲労にもう効果
視力検査の表現方法
子供の視力をマイナス3Dくらいまでに抑えたい
軽い近視と強い近視の回復度の違い
データが示す通電治療の調節力回復効果
反応の悪い例ではメガネ効果を狙う
メガネも気軽な道具として活用してほしい
レーシック手術後の視力低下にも通電が有効
通電治療意外の視力回復法
個々の価値観や職業に合わせた通電治療
視力が上がった悦びの声
生活習慣を改めて近視の進行を防ぐ
自分に合った遠くの距離を見る習慣を
近くを見るときはメガネをはずす
視界を妨げない間取りや家具の配置を工夫
机の置き方は社長室の雰囲気に
机で勉強や作業をするときの姿勢
眼に良い姿勢を身につける小道具
必ず手元にも卓上スタンドなどの照明を
眼に優しい読書のコツ
子供が納得できるような指導をする
本を読むときは書見台がオススメ
小さな携帯型ゲーム機は近視製造機
携帯型ゲーム機が眼を悪くしている現実を直視する
通電治療中のテレビは1日30分に
パソコンの画面はなるべく大きいものに
眼を良くするオススメの遊び
視力回復を謳った本やゲームの盲点
なるべく遠くを見渡せる席に座る
眼が疲れたら目薬や蒸しタオル
眼に効果があるといわれるサプリメント
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
金利 12月



レーシックではなく近視を改善する視力回復法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。