レーシックではなく近視を改善する視力回復法 

全国に広まり始めているといわれる新しい視力回復法通電治療についてスポットをあてて近視改善のレポートをまとめてみました。

サイトマップ

眼に効果があるといわれるサプリメント

次に、紹介するのは眼に良いといわれるサプリメントです。



ビタミンAは眼に効くビタミンの筆頭です。

眼の細胞や粘膜の新陳代謝を活発にして、視力を正常に保つ働きがあり「眼のビタミン」といわれます。

昔からビタミンAが不足すると夜盲症になることは知られています。

眼の健康にはビタミンB郡も欠かせません。

疲れ目の解消や視野の維持にビタミンB2が役立ちます。

眼精疲労や眼の炎症、視力障害ビタミンB1ビタミンB6が予防します。

神経経の機能を正常に保つ働きがあるのはビタミンB12です。

また、ビタミンCが眼球に一番多く含まれています。

白内障や飛蚊症、緑内障、加齢黄斑変性症などにビタミンCが欠乏するとなりやすいことがわかってきました。

眼の血液循環をよくする働きがあるのはビタミンEです。

最近とくに、老化を防ぐ「若返りのビタミン」としてビタミンEは注目されています。

他にも重要な役割があり眼のアンチエイジングです。

抗酸化物質」としてビタミンCとビタミンEが知られています。

活性酸素」という酸素から生まれる物質は私たちの体の老化や生活習慣病などを引き起こす犯人になります。

過剰に活性酸素があると私たちの体を酸化させる、つまりサビつかせることにより体の不調を引き起こすのです。

眼のダメージにも体の酸化はつながります。

こうした体の酸化を抗酸化物質は防いでくれるのです。

●ビルベリー

近年、視力を向上させるということでブルーベリーが有名になりました。

ブルーベリーのなかでも北欧産野生種の「ビルベリー」が特に効果が高いのです。

別名ホワートルベリーと呼ばれ、スカンジナ半島から北部ヨーロッパの低地に分布しています。

特有の青紫色をつくっている天然色素・アントシアニンのおかげでブルーベリーが眼に良いのです。

網膜にあるロドプシンという紫の色素の働きにより私たちは眼が見えるのです。

ところが、加齢や眼の酷使によってこのロドプシンはどんどん減ってしまいます。

ロドプシンの合成をアントシアニンは高める働きがあります。

とくにビルベリーの表皮や果肉には、他の品種のブルーベリーの5倍も多くアントシアニンが含まれているのです。

ヨーロッパでは眼精疲労や近視に対するビルベリーの効果はよく知られています。

視力を薄暗いところでも高める作用があります。

第2次世界大戦中のイギリス空軍のパイロットが、このことを最初に発見しました。

このパイロットは暗いところでもよく眼が見えていて夜間や明け方の攻撃で次々と戦果を上げたそうです。

ビルベリージャムを大量に彼は日常的に食べていたそうです。

夜間爆撃の出撃前のイギリス空軍はビリベリージャムを食べることを義務づけられたと言うエピソードが残っているくらいです。

現在、イタリアやフランスでは、強度近視、網膜症、眼精疲労、白内障、夜盲症などにビリーベリーのエキス製剤が医薬品として認可され、治療に使われているのです。

●アスタキサンチン

眼のアンチエイジング素材である「アスタキサンチン」が眼の調整力の改善という点ではお勧めできます。

アスタキサンチンというのはカロテノイドと呼ばれる緑黄色野菜に含まれる赤だいだい色の栄養素でβカロテンなどと同じになります。

アスタキサンチンはサケの魚肉、イクラ、タイ、メバルなどの魚の皮やエビ、カニの甲羅と身の赤みにあります。

アスタキサンチンには、視力回復、眼精疲労、緑内障、白内障などの効果があるといわれていて、毛様体筋など眼の筋肉の緊張による疲労を緩和する作用があると考えられています。

「抗酸化作用」がアスタキサンチンの主な働きです。

アスタキサンチンなどの抗酸化物質が、眼で発生した活性酸素を取り除き酸化するのを防いでくれます。

身近な栄養素のビタミンEやビタミンCが抗酸化物質の代表として知られていますが、アスタキサンチンはビタミンEの500〜1000倍の抗酸化力があると言われています。

加齢による眼のトラブル、眼の疲れ、視力低下などを予防する働きのあるアンチエイジング成分としてアスタキサンチンが注目されているのです。

●ルテイン

同様に「ルテイン」という栄養素は眼科の世界でその効果が証明されています。

ルテインもカロテノイドの一種で、ホウレンソウやブロッコリー、芽キャベツ、青汁の原料のケールなどに特に多く含まれていて、他の緑黄色野菜にも含まれています。

ブルーベリーにも栄養素は含まれます。

効果としては加齢や紫外線などによる眼のトラブル、疲れ目、視力改善があります。

高齢者の病気の白内障や加齢黄斑変性などの病気の治療にも使われます。

1994年にハーバード大学で行われた研究によると1日0.5ミリグラムのルテインを摂取した人に比べ、6ミリグラム摂取した人の方が加齢黄斑変性症になるリスクが57%も低いことが明らかにされているのです。

アスタキサンチンと同じようにルテインにも抗酸化作用があります。

もともとルテインは水晶体や網膜には酸化を防ぐために含まれていて、これが不足すると緑内障や白内障、加齢黄斑変性症、飛蚊症が起こりやすくなるのです。

とくに、水晶体の酸化が白内障の大きな原因と考えられています。

また、紫外線や可視光線は眼の活性酸素を発生させる原因のひとつになります。

ルテインは眼球内の組織を保護するように、紫外線や可視光線の青白色の光を吸収します。

特に私たちの眼にダメージを与えるのがテレビ、パソコンのモニター、照明などの人工光の青色光です。

こうした光もルテインは吸収することにより、眼を守る働きをしてくれています。

ところが、ヒトの体内ではルテインは生成する事ができないのです。

また、体内に蓄えられる量が加齢や偏食などにより減ってしまうのです。

そこで、補給をしなくてはいけなくなり、食品やサプリメントの形で行います。

近年、眼科医の間ではルテインは眼のサプリメントの定番になっているようです。

視力回復 遊びながらのトレーニングで回復した視力を安定させる方法
通電治療
眼のAF機能の狂いで近視になる
子供の視力は何歳頃出来上がるのか
近視は遺伝?
仮性近視とは
仮性近視でメガネを使うと近視になる?
メガネのつくり方で近視は進む
視力検査B判定でも要注意
遠視も眼の調整力の異常をきたす
老眼?一時的視力低下かも
単なる疲れ目と眼精疲労
なぜ眼科医は近視を治そうとしないのか
硬くなった毛様体筋をリセットする通電療法
検査と診察で通電療法の適応を判断
弱い電気を眼の周囲の皮膚から5分間流すだけ
週1〜2回の治療を継続すれば視力が上がる
20年以上前から視力改善のための通電治療を行っていた
20年間で副作用の報告は殆どない
初期の近視では大幅に視力が回復
中高年の近視や眼精疲労にもう効果
視力検査の表現方法
子供の視力をマイナス3Dくらいまでに抑えたい
軽い近視と強い近視の回復度の違い
データが示す通電治療の調節力回復効果
反応の悪い例ではメガネ効果を狙う
メガネも気軽な道具として活用してほしい
レーシック手術後の視力低下にも通電が有効
通電治療意外の視力回復法
個々の価値観や職業に合わせた通電治療
視力が上がった悦びの声
生活習慣を改めて近視の進行を防ぐ
自分に合った遠くの距離を見る習慣を
近くを見るときはメガネをはずす
視界を妨げない間取りや家具の配置を工夫
机の置き方は社長室の雰囲気に
机で勉強や作業をするときの姿勢
眼に良い姿勢を身につける小道具
必ず手元にも卓上スタンドなどの照明を
眼に優しい読書のコツ
子供が納得できるような指導をする
本を読むときは書見台がオススメ
小さな携帯型ゲーム機は近視製造機
携帯型ゲーム機が眼を悪くしている現実を直視する
通電治療中のテレビは1日30分に
パソコンの画面はなるべく大きいものに
眼を良くするオススメの遊び
視力回復を謳った本やゲームの盲点
なるべく遠くを見渡せる席に座る
眼が疲れたら目薬や蒸しタオル
眼に効果があるといわれるサプリメント
リンク集

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
ローン 一本化












































































レーシックではなく近視を改善する視力回復法 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。